« ジェネレーター換装! DAY3 | トップページ | 活動再開…? »

奥多摩ぷちハイク

A_5

バイクにも登山にもいいシーズンになりました。ジェベルはぼちぼちと整備中なので、体力づくりも兼ねて久しぶりに奥多摩の山を登ってきました。
←日の出山から大岳山(平成25年5月5日)

実は先日、奥多摩で一番見分けやすい大岳山に登ったことが無いのに気が付いたので、今回の出動となりました。ついでに“多摩川源流計画”再開に向けた足慣らしの意味もあったりします。

Photo

JR青梅線・日向和田駅を7:30スタート。ここは都内でも数少ない無人駅ですが、昔と違ってスイカの端末があるので便利だけどなにか情緒が…うーん…余計なお世話ですね。

Photo_2

登山口がこちら。鳥居をくぐってずんずん登っていきます。“イノシシ注意”の看板があって、新鮮なフンや動物の毛の塊もチラホラ。全然人の気配がないのもあってビクビクしながら歩くこと約1時間、

Photo_3

最初のピーク、三室山に到着。青梅市街の眺めをしばし堪能して先へ。しばらくすると左の山腹を林道が上がってきて、三室山から15分ほどの場所で登山道と交差。

Photo_4

梅ノ木峠です。残念ながらさっきの林道は車両通行止でした。奥多摩界隈の林道はほとんどこんなもんです。林道を横目に先へ進みます。

Photo_5

途中尾根通しの道と巻き道が別れたので、今回はラクちんな巻き道へ。ほとんど林道スペックで、ジェベルを持ち込みたい気分…いやいや。MTB乗りは来てるようで、タイヤ跡がちらほら見られました。

A

A_2

梅ノ木峠から約1時間、10時前に日の出山頂到着。“日の出”というだけあって景色はなかなか、登山者も大勢でした。御岳山から近いしね。天気もよく、景色を堪能しつつしばし休憩ののち先へ進みます。

日の出山を境に一気に人の数が増え、家族連れやカップル、いわゆる“老若男女”ついでに外人さんまでいるのでした。30分くらいで御岳山に着きますが、頂上が神社と一体化してて判別できず。とりあえず境内の一番奥まで行ってOKとしました。…この区間は人が多すぎて写真を撮る気にならなかったので、画像なしです。

A

御岳山の次は大岳山、ちょっと手持ちの水が少なめ(残り1L)だったんですが、路傍の湧き水で補充できました。この日はチョロチョロでしたが、盛大に出てる日もあるそうです。

A_2

水場から大岳山頂への登りは予想よりかなりしょっぱく、急勾配のあとは岩場のトラバース、そこを越えてさらに急勾配の岩場を越えて行くのでした。(写ってるのは外人さんです。)

A_3

てことで大岳山頂に到着。水場から約50分、12:15でした。例によって山頂は大賑わいですが、ここで大休止、昼食タイム。かなり足がしんどかったので、食後はしばらく仮眠し、出来るだけ足を回復させて13時過ぎに再スタート。

A_4

山頂からは尾根を西へ。最初の下りは登りとほとんど同じ調子でガレ場の急降下でした。そこをしのぐと軽いアップダウンを繰り返す平穏な道。新緑の中を坦々と気持ちよく歩きます。

B

大岳山から1時間弱で鋸山に到着。尾根はここから北へ折れ、奥多摩駅まで一気に降下。標高差が約650mで、「鋸尾根」というと奥多摩では結構有名だったりします。

B_2

ちょいと膝が心配なのでしっかり休んで再出発…ですが、画像のような場所が頻繁にあって30分歩毎に休まないと膝が壊れそうな按配。

B_3

膝をなだめながら下り、ふもとの愛宕神社にある187段の急な階段をクリア。1時間40分のコースタイムに対して2時間超(休憩コミ)かかってやっと

B_4

JR奥多摩駅に到着。到着時刻、16:25でした。日向和田駅から行動時間約9時間、歩行距離約32kmとそれなりの結果ではあるものの正直足はへろへろで、帰りの電車では爆睡。8日現在やや回復傾向ですが、まだあちこちギシギシしてます。

てことで、それなりに楽しめたぷちハイクですが、源流計画の再開にはトレーニングが必要であることが露呈したのでした。やっぱり少し走んないとダメかなあ。体力が回復したら考えます。

|

« ジェネレーター換装! DAY3 | トップページ | 活動再開…? »

登山・ハイキング」カテゴリの記事

コメント

ひでさん

連休中に ハイキング してきたんですねっ・・・・

「天気に恵まれて 良いっす・・・」

東北方面は 今年は天気に恵まれなくって 大変な様で・・・

「いつまでたっても 春が遠いい感じと言った所ですねっ」

北も 大変なようです「以前5月に走った時は 良かったが・・」

駅・・・・・

確かに 自然の中では そぐわない駅ですねっ・・・・
「何か浮いています」

 以前は木造の駅だったんでは 無いかな?・・・
「予算が有るので 直ぐに 近代化してしまいます・・・・」
             ↑ 
少なくとも木造のままで 残して欲しいです。    

投稿: シェルパ初心者 | 2013年5月 9日 (木) 08時45分

あれっ、バイクの整備は終わったと思っていましたが???

投稿: 木村 | 2013年5月 9日 (木) 19時31分

シェルパ初心者さん

ホントにこの日は天気に恵まれました。次の日だったら強風でえらい目にあってたでしょう。

北は今年大変ですね。後半に弘前か函館の桜でも…なんてチラッと考えたりしましたが、
今年は行かなくて正解だったようです。いずれ実行する目もあるでしょうね。

駅の件、仰るとおり。地元優先もわかりますけど、観光が半分以上でしょうから
「外は木造、中は快適に」くらいに留めておいて欲しいなあと思います。
地元の方に言わせると「観光客のワガママ」になっちゃうんだろうなあ。

投稿: ひで | 2013年5月 9日 (木) 21時08分

木村さん

はい、ジェネレータは完了しました。バッテリーチェックも済んで、走行には一応支障ないんです。
ただ、また作り物スイッチが入っちゃったのと、気になる部分がいくらかあって本格稼動にはもう一歩
って感じなんです。
とりあえずは散歩程度からでしょうか。

投稿: ひで | 2013年5月 9日 (木) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242925/51521445

この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩ぷちハイク:

« ジェネレーター換装! DAY3 | トップページ | 活動再開…? »